アコムのむじんくんで即日融資!

申し込んだその日にキャッシングができることを即日融資と呼びます。銀行振込でも行うことができますが、ご存知のように平日の15時以降は振込の反映がされません。これによって即日にキャッシングができなくなることも懸念されます。

そんなときにこそ、アコムのむじんくんは大きな援軍となってくれるでしょう。

アコムのむじんくんがあることで、即日融資が可能になります。無人契約機があることによって、その場でカードが発行され、アコムの店舗のなかにあるATMを使えば、その日にキャッシングが可能です。

もちろんアコムはいろんな提携先を持っていますので、コンビニATMで利用することが可能です。ただし利用手数料が掛かってしまいますので、むじんくんから受け取ったカードは、アコムの店舗にあるATMを使って活用することをおすすめします。

むじんくんはその場でも申込みをすることができますが、ただ注意をしてほしいこともあります。審査がスムーズにいかなければ、その場でカードを受け取ることはできません。

これによって即日キャッシングができなくなることも。それを防ぐためにも自宅で申し込みをして、仮審査の結果が出てからアコムの店舗に行くことをおすすめします。

土日祝日や銀行振込の対応時間外でも、即日融資を可能にするのがアコムのむじんくんになっていますが、スムーズな利用をするには段取りも大切です。

だからこそ自宅から申込みをして、即日キャッシングをしたいことをオペレーターに伝えるようにしましょう。

アコムの利息計算の方法

アコムなどの消費者金融などからお金を借りる際に重要なのが、返済の際に支払うことになる利息の把握です。

初めてお金を借りる人や、利息のことをよく理解していないままお金を借りる人などは、返済が困難になる可能性もあるので、返済計画は特に利息をしっかりと考慮して行うことが大切です。

まずは、利息とは何かということを知り、その上でアコムにおける利息計算について見ていきましょう。

アコムなどの消費者金融は、ただお金を貸してその金額を返済して貰うだけでは利益にならず、むしろ取引にかかる費用だけがかかってしまいます。そのため、お金を貸した見返りとして利息という利益のようなものを受け取っています。

そのため、お金を借りる人は、元本という借りた金額に加えて、貸してくれたお礼に利息を払うことになります。

では、アコムの利息計算はどのような仕組みになっているのでしょうか。

たとえば元本が1万円で、金利を年利5%と仮定します。まず元本に金利を掛け合わせた500円が基本的な利息になります。ただし、金利は「年利」であり、これは一年間借りて5%という意味なので、借りた日数が一年未満の場合には日割りすることになります。

借りに30日借りたとすると、500円に30日をかけて、それを365日で割り、一円未満を切り捨てて41円となります。このことから、利息計算においては、早く返済するほど払う利息は小さくなることが分かります。

お金を借りる際には、大まかな利息計算を実施することにより、利息の金額を概算しておくのが大切です。