すぐに現金が必要になったときは即日融資!

nayamu

急に現金が必要な時に足りないという場合に便利なのが即日融資に対応しているキャッシングです。最近のキャッシングは効率化が進んでいるおかげもあって即日融資に対応しているケースも多いです。

銀行と消費者金融とでは融資までのスピードに差があり、急いで現金を借りたいという場合は消費者金融の方がおすすめです。即日融資を受けたいのであれば消費者金融のキャッシングを選ぶのが良いです。

それでは即日に現金を借りる場合はどうすれば良いのかというと、銀行振込とATMからの借入では対応可能な時間が異なります

銀行振込では対応可能な時間は14時頃までとなっているのが通常であり、15時の銀行窓口が閉まる時間に合わせています。また、平日しか対応していないので土日や祝日では当日に現金を受け取る事は出来ないです。

一方、ATMの場合は提携ATMがコンビニにあればかなり遅い時間でも対応してくれますが、問題となるのはATMを利用するためのカードの受け取りです。

カードの受け取りは無人契約機で可能であり、土日や祝日も行っています。また、21時頃までならば対応する事が出来るので、比較的遅い時間になっても間に合います。

即日融資は誰でも簡単に利用できるってホント?

即日融資であるにしろ、そうで無いにしろ、キャッシングなどで融資を受ける場合は最低限の条件として年齢と収入の二つがあります。

年齢については大抵は20歳以上、一部学生向けでも18歳以上となっているのでそれよりも低年齢では借りる事が出来ず、また定期的な収入がある事も条件の一つなので、無職の人は基本的に借りる事が出来ないです。

そのために誰でも即日融資を簡単に利用できるという訳ではないです。

ただ、先ほどの二つの条件を満たしていれば、基本的には誰でも即日融資を利用する事が出来る可能性はあります。最近はパートやアルバイトであったとしても借りる事が出来、サラリーマンでなくても誰でも借りやすくなっているのです。

また、収入が無いという人でも例外的に専業主婦の場合は即日融資を受ける事が出来る可能性はあります。専業主婦の場合は消費者金融では無く銀行に申込む必要があるので注意しなくてはならないです。

専業主婦は配偶者の収入を当てに借りる事が出来るのですが、総量規制が適用されるようになってからは消費者金融で借りる事ができなくなったので、総量規制対象外となる銀行から借りる必要があるのです。

銀行の問題は即日融資が可能であるのかという点が挙げられますが、銀行でも即日融資に対応しているケースもあって大分審査スピードが速くなっています。

最後に、誰でも借りる事が出来るとは言っても、それは借りる事が出来る可能性があるという話であり、過去に金融事故を起こしている人や他社での借入が多いなどといった事があれば審査で落とされてしまいます。

あくまでも審査を受ける最低条件を満たしやすくなっているという事です。

電話一本で即日融資はホント?

hatehate

消費者金融系、銀行系を含めてほとんど全てのカードローンは「電話一本で即日融資」の利用が可能です。

電話一本と言っても申し込みから融資完了までには一定の時間が必要になるため、適切な方法で対応していかなければ即日融資を利用できなくなる可能性もあります。

例えば、消費者金融へ「電話申込み」で審査を申し込み、審査を経て融資が決定すれば早くて1時間程度で融資を受けることも可能です。

電話一本で即日融資を実現するためには「銀行振込み融資」という方法を選択することになる為、まずは審査に合格することが必要ですが「銀行の営業時間中に融資手続きが完了する」ということも必要になります。

契約後に自動契約機を利用してカードを発行すると言った対応であれば、電話一本で即日融資を利用すると言う訳にはいかなくなってしまいますが、当日中に融資を受けられる可能性は高くなります。

出来るだけ早く融資を受けるためには、申し込みや審査で必要になる書類などをしっかりと準備しておくことが大切です。身分証明書だけで契約できる場合も多いですが、収入証明書の提出を求められる可能性もあるので準備しておくと安心です。

収入証明書として利用出来るものは、給与明細書や確定申告書なので準備に時間はかかりませんが、審査中に準備が間に合わないと即日融資の可能性が薄くなってしまうので注意が必要です。

また、カードローンによっては電話のみでの即日融資を行っていない場合もあるので、必ず事前に確認してから申し込むようにしましょう。